入居希望者を迎えにいこう

入居希望者を迎えに行こう どんな人でも「 動くと見ちゃう」 思わず見ちゃう施設紹介

空室のある老人ホーム

老人ホームが空いている? 原則65歳以上で、要介護3以上という入居条件の特別養護老人ホーム。厚生労働省の発表によると待機者は36万人と非常に多い状況です。一般的に入居待ちが多いイメージの老人ホームですが、有料老人ホームでは空室もあるんです。

施設の魅力を伝えたい! 有料老人ホームは、それぞれに特徴があります。また、介護を受ける方にもそれぞれ望む介護の形があります。
有料老人ホーム選びはお見合いのようなもの。施設の特徴や魅力を正確に伝えなければ、良い利用者とは出会えないのです。動画で施設をアピールし、未来の入居者を迎えに行きましょう。

老人ホームはもう姥捨て山じゃない!

多角的な広報・宣伝活動

 施設様の魅力をより多くの方に伝えるためには、様々なメディアを使った多角的な広報・宣伝活動が必要となります。
多様化した情報収集の手段に対応したあらゆるメディアでの広報・宣伝活動。そしてそれらの連携は、地域住民の方々に存在を知っていただくきっかけとなり、また自発的な情報収集へのスムーズな誘導と、施設様への信頼の獲得、入居先としての選択に繋がります。

ポスティング
紙面にQRコードを掲載→公式Webサイトへ誘導→掲載している動画の視聴→申し込みフォームからの申し込み

動画
就職説明会にて上映→会場にてチラシを配布→QRコードで公式Webサイトへ誘導→申し込みフォームからの申し込み

入居希望者のための動画活用

入居する介護施設を探す際、実際に見学に訪れるのは、入居されるご本人様ではなく、そのご家族であるケースが多いというデータがあります。
入居されるご本人は、ご家族が持ち帰ったパンフレットや口頭での説明等で施設を判断することになりますが、正確なイメージを共有するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

入居者様ご本人が完全に納得しないままに入居してしまい、条件が合わない等の理由でミスマッチが起こる……。これはなんとしても避けたい状況です。またご家族としても、納得出来る条件の施設に預けたい気持ちは共通なはずです。
そんな方々の入居に関するお悩みを解決するにあたり、目で見てわかりやすく、インパクトがあり、イメージしやすい動画は打ってつけのツールだと言えます。

様々な動画活用

当サービスでは、みなさまのお悩みを解決するために、様々なご提案をしております。

ホームページに

説明会で

YouTubeに

DVDで

SNSで

AR付き
パンフレットで