働く人が集まるヒント! 動く求人、 動かない求人、 選ばれるのはどっち?

慢性的な人手不足の介護業界 後期高齢者の増加などに伴い、2025年には253万人の介護職員が必要と推計されています。しかし、25年の供給見込みは215万人。介護職員の不足が深刻化しています。
出典:厚生労働省 2025年に向けた介護人材にかかる需給推計(確定値)について

仕事の魅力を伝えたい! 介護の仕事には、一般的に「3K(きつい、汚い、危険)」というイメージがあるかもしれません。
しかし現場では、介護の仕事にやりがいを感じ、前向きに働く人が沢山います。
人生経験豊かな高齢者から学びを得たり、人の役に立つことを実感したりと、魅力は様々。こんな素敵な仕事が知られていないなんて、もったいないと思いませんか?
仕事内容ややりがい、現場の雰囲気など、多くの方に介護の魅力を伝えませんか?
沢山の方が介護の世界に挑戦してくれるはず!

多角的な広報・宣伝活動

介護の魅力をより多くの方に伝えるためには、様々なメディアを使った多角的な広報・宣伝活動が必要となります。
多様化した情報収集の手段に対応したあらゆるメディアでの広報・宣伝活動。そしてそれらの連携は、地域の求職者様に存在を知っていただくきっかけとなり、また自発的な情報収集へのスムーズな誘導と、抵抗のない申し込みに繋がります。

ポスティング
紙面にQRコードを掲載→公式Webサイトへ誘導→掲載している動画の視聴→申し込みフォームからの申し込み

動画
就職説明会にて上映→会場にてチラシを配布→QRコードで公式Webサイトへ誘導→申し込みフォームからの申し込み

求職者のための動画活用

今や求職者の多くがスマホやPCで求人情報を探しています。人手不足が深刻化している介護業界は、求職者の利用する求人サイトや転職サイト、仲介サイトの多くに登録していますが、その数は膨大に膨れ上がってしまいました。
様々な情報が溢れる中での企業選びに、求職者は自分に合った職場を探しきれず、結果ミスマッチを起こすケースが多発していると考えられます。

求職者は、信頼でき、就職後のイメージがつきやすい職場を求めています。そんな求職者のために、より目に付き、短時間で多くの情報を伝えることのできる手段が必要です。写真や文章よりも明確に、そして目に付きやすい動画は、求職者へ効果的にアプローチし、安心を与える打ってつけのツールです。

様々な動画活用

当サービスでは、みなさまのお悩みを解決するために、様々なご提案をしております。

ホームページに

説明会で

YouTubeに

DVDで

SNSで

AR付き
パンフレットで