常に選ばれる存在になろう あっ!この場所知ってる!ここにしよう! となるために

真っ先に頼られる施設でありたい コンビニやスーパー、書店やアパレルショップといった、日常的に足を運ぶ場所に比べ、介護施設の利用頻度は高くありません。
しかし、介護のことなど今まで考えたこともなかった。突然介護施設の力が必要となった。超高齢化社会と呼ばれる今日、こういった状況は様々な場所で起こりうることではないでしょうか。
そんな方々に真っ先に思い出され、真っ先に頼られる施設であること。それは、社会全体の高齢化に伴い、増加する一方の介護施設の中で、永続的な存続と発展をしていくには、不可欠な要素だといえます。

「この地域の介護施設」になる

選ばれる施設になる秘訣とは

例えば、「おいしいラーメンを食べるなら駅前のあの店だ。」などと思うように、”○○といえば△△”といったイメージは様々なものにあるはずです。
介護施設においてもそれは例外ではありません。老人ホームやデイサービスといえばここ。こういった設備が整っていた、こんなサービスがあった、あそこなら安心して任せられそうな気がする。真っ先に思い出され、頼りにされるのは、日頃から具体的なイメージができあがっている場所なのではないでしょうか。

地域で信頼される存在に!

多くの人にイメージしてもらうためには

接触回数を増やすことが、印象を与え、記憶に残すこと、つまりイメージを持ってもらうことに繋がります。
良い設備を揃え、良いサービスを用意し、良い職員を充実させれば、自ずと人が集まってくる。そんな風に考えてしまいがちですが、特に日常的に足を運ぶ機会がほとんどない介護施設においては、良いものを揃えるのと同じかそれ以上に、多くの方への認知度を向上させ、○○といったらこの施設といったイメージを持ってもらうことが大切です。

施設の魅力を見える化!

多角的な広報・宣伝活動

施設様の魅力をより多くの方に伝えるためには、様々なメディアを使った多角的な広報・宣伝活動が必要となります。
多様化した情報収集の手段に対応したあらゆるメディアでの広報・宣伝活動。そしてそれらの連携は、地域住民の皆様に存在を知っていただくきっかけとなり、日頃からの施設様へのイメージの構築、いざという時に頼りにされる施設という認識に繋がります。

ブランディングって?

同じ機能の商品が並んでいても、買うのは慣れ親しんだメーカーのものではありませんか?
それは、「○○といえばこのメーカー」といった意識が無意識に刷り込まれているからです。テレビのCM、インターネットの広告、店頭のポップなど、様々な場所での宣伝を目にすることで、そんな無意識は作り上げられます。
介護施設においても同じことです。施設の魅力を積極的に宣伝することで認知度を上げ、複数の中から選ばれる存在になる。そんな受け手の中のイメージを育てる活動こそが、ブランディングと呼ばれるものです。

様々な動画活用

当サービスでは、みなさまのお悩みを解決するために、様々なご提案をしております。

ホームページに

説明会で

YouTubeに

DVDで

SNSで

AR付き
パンフレットで