求人募集にはWebサイトの充実は不可欠

求人募集においてWebサイトの充実が不可欠な理由

求職者は就活の際にWebサイトを詳しくチェックします。自分が就職しようとしている施設の労働環境が悪く無いか、人間関係は良好かなどの点を気にするからです。そして、そういった情報が一番多く収集できるのが施設のWebサイトになります。それゆえ、求人募集をしたいのであればWebサイトの充実は不可欠となります。

Webサイトを充実させる方法

Webサイトを充実させる5つのポイントについてお話したいと思います。

1.労働条件を詳しく書く

求職者が一番気にするのは労働条件です。いくら綺麗な事が書いてあったとしても、労働条件が悪かったり、よく分からない施設では働く気になりづらいはずです。

2.職員や職場の写真を多く掲載する

職員や職場の写真が多くあると、自分が働いているイメージが想像しやすくなります。そのため求人募集には効果的です。「この職員さん良い人そうだな」「綺麗な施設だな」といった印象を与える写真を掲載しましょう。

3.職員のプロフィールを掲載する

会社を辞める原因の多くは人間関係だとよく言われます。また、求職者は実際に働いている職員の生の声を聴きたいはずです。そのため、どんな人が働いているのか分かると求職者も安心できます。職員の魅力が分かるページを作ると良いでしょう。

4.働き方やキャリアプランについて詳しく書く

どういう働き方をしているのか、キャリアプランはどうなっているのかが分かると仕事のモチベーションアップに繋がります。例えば「職員の一日の流れ」「キャリアプラン」等のコンテンツを用意すると効果的です。

5.施設のブログを開設し、まめに更新する

求職者は施設のブログもチェックして情報を得ようとしています。そのため、施設のブログが無かったり、全然更新されていないと「ブログを更新する時間も無いくらい忙しいのかな」「どんな施設なのか分かりづらいな」等とネガティブな印象を持たれてしまいます。逆に、施設のブログがまめに更新されており、内容も充実していると好印象です。情報発信をしていきましょう。

いかがでしたでしょうか。求職者の質を求めるのであれば施設もそれなりの事を求職者に提供しなければいけません。