動画制作キャンペーン

Campaign

介護業界における動画制作のいろは

全4回で、動画制作に役立つ、ちょっとしたノウハウをお送りします。
貴法人様に、少しでもお役に立てれば幸いです。

撮影のテクニック

1.カメラを固定

映像撮影の基本はカメラを固定した定点撮りです。カメラを振り回したり、手ブレのある映像は、なんとなく落ち着かない画になってしまいます。カメラは出来うる限り、固定して撮影するのが理想的です。三脚に乗せるが理想的でしょう。どうしても手持ちで撮影しなければならない場合は、しっかりと脇を締め、足を肩幅に開き、カメラを両手で包み込んで撮影しましょう。水平を意識することも大切です。

カメラを固定できていない

カメラを固定

2.構図を意識

同じ被写体でも、伝わる魅力は構図によって大きく上下します。被写体を常に画面の真ん中に置いて撮影していませんか。これは「日の丸構図」といって、多くの場合、被写体をパッとしない印象で写してしまう原因となります。ほんの少しだけ被写体を中心からずらしたり、斜めから撮影したりするだけで、立体感と迫力の画に仕上げられるかもしれません。具体的には、画面の四隅を対角線で繋ぎ、その線の上に被写体を置いた「対角線構図」や、画面を縦横に3分割し、その交点となる4箇所に被写体を置く「3分割構図」がオススメです。

日の丸構図

三分割構図

3.明るさ調整

暗い映像は被写体の印象まで暗くしてしまいます。撮影時は基本的に、明るい画を撮ることを意識しましょう。映像を明るく撮影する最も手軽な方法は、被写体に太陽の光を当てることです。天気の良い日、太陽光の強い時間帯に、カメラが太陽を背にして撮影するだけで、被写体はとても明るくなります。どうしても光量が足りないときは、カメラの設定で明るさを調整することも可能です。

暗い画像

明るい画像

4.安全に配慮

撮影に集中していると、視野が狭くなる上、機材の移動等で周囲への注意が疎かになると、事故を起こす原因になります。 常に周囲に気を配って撮影しましょう。可能なら、周囲の様子を確認してくれるサポートをつけることが望ましいです。

安全に配慮できていない

安全に配慮できている